カプニカレア教会
カプニカレア教会

<所在地> ギリシャ アッティカ アテネ エルムー通り

カプニカレア
教会の内部
十一世紀後半(1060-70)に建造された教会。アテネの繁華街エルムー通りの中央に立つ。ギリシャが独立して、アテネが首都になったときの都市計画で破壊されそうになったが、国王オットーの父であるバイエルン王ルードヴィヒの意見で保存が決まった。

カプニカレアの意味は不明であるが、寄進者の名前に由来するという説や、この教会建設の寄進者だった人物がカプニコス税(ビザンツ帝国で煙突に対して課された税金)の徴税人であったことに由来するという説がある。

カプニカレア
円柱と柱頭。円柱は古代のものを再使用しているようだ
建物のほとんど(ナルテックスと北側のパレクレシオンを含む)は恐らく十一世紀の末に建造され、エクソナルテクスの部分はそれよりあと(おそらく十二世紀)に建造された。

一番上の写真に写っている扉をくぐると、そこはナルテクスになっており、右手に主教会の身廊、その先右手にはパレクレシオンの身廊が位置している。

教会外壁のレンガはところどころ、模様を描くように組み合わされている。これは、「クロワゾネ」と呼ばれる工法で、幾何学的な模様やアラビア文字を模した「キューフィック文様」が描かれている。


参考文献

Copyright Notice