メタモルフォシス(ソティロス)教会
ソティラキ

<所在地> アテネ プラカ テオリアス通り

ソティロス教会

 アクロポリスの丘北側に建つビザンツ時代の教会で、カネロプロス博物館の近くにある。メタモルフォシス(キリストの変容)教会、もしくはソティラキ教会、ソティロス教会、聖ソティル教会とも呼ばれる。

 上の写真は西側から、左の写真は北側から撮影したもの。

 建設の年代ははっきりせず、十一世紀の末から十二世紀の初めという説と、十四世紀のものという説がある。壁の石組みをよく見ると、明らかに後から大きな改造が行われている。例えば、後陣部分の石組みは北側の壁と比べてひどく雑だ。このことから、もともとの教会は十二世紀ごろ、そして改造が十四世紀に行われたのではないかと推測される(Hetheringtonの説)。
メタモルフォシス教会

 右の写真は、教会の東側(後陣)。

 なお、プラカの下(北)には、もう一つメタモルフォシス教会があり、こちらはコタキス教会と呼ばれている。







下は、建材として再利用されている大理石。これはビザンツ初期のものではないか。


変容教会

参考文献

Copyright Notice