『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > コリントス > レカイオン道
レカイオン道
レカイオン道

<所在地> ギリシャ コリンティア コリント(コリントス)遺跡(アルヘア・コリントス)

上は、北側から南側に向かって(コリント市の入り口に向かって)撮影したレカイオン道。レカイオン道というのは、コリントの北に位置し、コリント湾に面するレカイオン港に続く道。先は階段になっており、その上にプロピュライア(モニュメンタルな門)がある。右手奥の山の上にわずかに見えているのがコリントの要塞アクロコリント。下は、西側から撮影したレカイオン道。

レハイオン道

大理石で舗装され、道の両側には歩道と列柱廊がついていた。幅は12メートルある。紀元後一世紀頃造られた。

下は、コリント市内へと続く階段とプロピュライアの跡。このプロピュライアは、もともとアウグストゥス時代に建造された後、117年に再建された。パウサニアスは、このモニュメントが、ヘリオスとファイトンの御する二台の馬車の彫刻で装飾されていたと伝えている。

レカイオン道のプロピライア

参考文献

ページ先頭に戻る

copyright notice