『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > レスヴォス島 > ペトラ
レスヴォス島: ペトラ
ペトラ
ペトラ・ビーチ
 レスヴォス島北西部、ミティムナの西側にある都市。夏の間には多くの観光客で賑わう。

 上は、パナギア・グリコフィルサ教会のある丘から撮影したペトラの町。ペトラ(岩)という名前は、この教会が立っている岩に由来する。

 右に写っているのはペトラのビーチ。なお、レスヴォス東北部のビーチは水がちょっと冷たい。

夜のペトラの町
 ペトラには観光客向けのお土産屋さんがたくさんあり、夏は夜遅くまで賑わっている。

 レスボス島では至る所で地元ウゾを醸造しているので、ペトラに来たらペトラのウゾを試さなければならない(島の首都ミティリーニで買うことは可能だが)。小瓶のウゾを売っているお店がたくさんあるので、どれがそうなのか訊いてみると良い。専門店では味見もさせてくれる。

Tzalikis

 もう一つお勧めは、町の真ん中にあるお菓子屋さん(立派なお菓子屋さんはここしかないのですぐに分かる)ツァリキス (Tsalikis) のアイスクリーム。

 このお店ではイートインも可能で、アイスクリームの他、さまざまなお菓子を座って食べることもできる。

アイスクリーム
 アイスクリームはお店のオリジナルで、クリーミーで美味しい。紙のカップに入れてもらってテイクアウトだと、1スクープ€1.50だった(2009年夏の値段)。


 ペトラの町には女性アグロツーリズム協会が経営しているレストランがあり、是非行ってみたかったのだが、残念ながら機会がなかった。

ペトラの町並み


 ペトラの町の中心部には、このような石造りの古い家が立ち並んでいて趣がある。

ペトラのウゾ
 こちらはペトラのウゾ。

 ウゾ屋のお姉さんによれば、一番お勧めのウゾではないそうだが、舌を刺すような辛味ととろりとした甘みが一体になった興味深い味わいだった。

 ペトラを訪れた際には是非一度お試しを。



参照資料


ページのトップに戻る


copyright notice